歴史

フォークミュージックの歴史



<日本でのはじまり>

日本のフォークミュージックは、”日本のフォーク”として独自に発展していることもあり、
弾き語りスタイルからバンドスタイルまで幅広いのが特徴です。

それまで歌謡曲、演歌、軍歌、民謡ほどしかなかった日本の音楽界に、新たな「フォークミュージック」という音楽が登場しました。
1960年代後半に、日本にブームが起きます。
戦後にアメリカで発展したフォークミュージックの影響を受けているものが多いです。

<カレッジフォーク・ブーム>

マイク眞木「バラが咲いた(1966年)」や、森山良子「この広い野原いっぱい(1967年)」が大ヒット!

この頃のブームの背景にあったのは、大学生のフォーク・グループでした。
これは、カレッジフォーク・ブームとも呼ばれています。

関西の学生たちが、アメリカのフォークミュージックをコピーし、一大ブームを巻き起こしました。
その中からは、プロになる者も現われていたそうです!驚きですね。



<プロテスト・フォークブーム>

その後、反戦フォーク、プロテスト・フォークのムーブメントが発生しました。
社会的・政治的メッセージの濃い曲が多く誕生したのです。

このとき中心となっていたのが、岡林信康、高田渡、加川良らなどでした。
特に岡林信康は”フォークの神様”との愛称でも知られています。
大阪に設立された高石音楽事務所に所属していた岡林信康は、全国でコンサート活動を展開していきました。

同時に、関西フォークを発信する独立系レコードレーベル「アングラ・レコード・クラブ」も登場し、
日本のフォークミュージックシーンは大いに盛り上がりました。

<日本語ロックの誕生>

アングラ・レコード・クラブからデビューした一組である「はっぴいえんど」は、
日本語をロック音楽に乗せて歌った初めての本格バンドとして、一躍日本の音楽時代を築きました。
メンバーは、大瀧詠一、細野晴臣、鈴木茂、松本隆の4人。

まさに日本のフォークロックの先駆けとも言えるでしょう。

その後、吉田拓郎や泉谷しげるを世に出した「エレック・レコード」と合併しますが、エレック・レコードも幕を閉じてしまいます。

<70年代から80年代へ>

70年代に入ると、ヤマハが主催していた「ポピュラー・ミュージック・コンクール」から、後にメジャーになるミュージシャンが巣立っていきます。

中島みゆきや、オフ・コース、チューリップなど、当時からすでに目立っていたようです。
はっぴいえんどのメンバーでもあった大瀧詠一は独自の「ナイアガラ・レーベル」を設立し、山下達郎や佐野元春らがメジャーになっていきます。

この頃からは、やや歌謡曲的なフォークミュージックが主流になっていき、今に至るのです♪

よくラジオで聴いていたあの人も懐かしいあの曲を歌っていた人も、
様々な変遷を繰り返しながら発展してきたのですね♪



<フォークミュージックCD>の購入はこちらから。